ペットさんが亡くなったら、すぐにしていただきたいこと

大切なペットを亡くし、心が動揺しておられることと思います。
最愛の家族をどのように送ってあげるか決める前に、すぐにしていただきたいことがあります。

慌てずに、大丈夫です。

安らかな姿勢にしてあげてください

気温などの条件にもよりますが、犬や猫などの小さな動物は、2時間程度で硬直が始まります。
手足、お腹、頭部の順で硬直していきますが、そのままの状態にしておきますと、手足が突っ張って、葬儀の際にお棺に入らなくなることもあります。
そうならないために、硬直が始まる前にまぶたを閉じてあげ、手足を胸の方にやさしく折り曲げてあげてください。

自然に、寝ているような姿で葬儀を迎えるようにしましょう。

ご遺体を清めてあげてください

葬儀の前にペットの体をきれいに清めてあげてください。ブラシで毛並みを整え、お湯を浸したガーゼなどで全身をやさしく拭いてあげましょう。
口や肛門から体液が滲み出す場合がありますので、あらかじめシートを敷いて、ガーゼで拭き取ってください。人間でも起きることなので、慌てないでください。大丈夫です。

暑い季節はご遺体の痛みが早いので、保冷剤をタオルにくるんで腹のあたりにあたるようにすれば良いでしょう。

やさしく安置してあげてください

葬儀前のご遺体は、段ボールなどのケースにバスタオルや毛布を敷いて、その上に安置してあげてください。体液がしみ出すこともありますので、この下にビニールシートを敷いておくと良いと思います。
ドライアイスか保冷剤をバスタオルにくるんで、頭部、お腹のあたりをよく冷やしてあげてください。

葬儀を迎えるまでの最後の時間を大切に過ごしてあげてください。

手続きについて

犬が死亡した場合は、鑑札及び狂犬病注射票を添え、保健所にて飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。狂犬病にかかった犬、あるいはかかった疑いのある犬またはこれらの犬にかまれた犬については保健所に引き渡さなければなりません。