東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です( *´艸`)

来る3月26日、定例の合同供養式典を予定しております。

 

ご案内がお手元に届くのはもう少し先になりますが、

是非ご覧くださいませ。

 

私たちは単なるペットさんの火葬業務ではなく、

たいせつなご家族のお見送りとしてのお仕事。

ほうとうの意味での 「 葬儀 」 とはどのような形であるかを考え、

それぞれのご家族にあったお見送りをお手伝いすること。

そんな気持ちで日々のお勤めをさせていただいておりますが、

 

逢の杜ペット霊園においてはこの供養式典もまた、

大切なご供養の機会として力を入れております。

 

また詳しいご案内は、

郵送時にこのブログでもお伝えさせていただきます(#^^#)

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール 0800-123-1194

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です( *´艸`)

 

私の日課。

始業前に合同のお墓にお参りすることです。

 

合同のお墓にはたくさんの子供たちが眠っております。

お墓の後ろに見えるのは、石板霊標といいまして、

お名前やひとことのメッセージを添えておつくりするものです。

 

やはりそのメッセージは、 「ありがとう」 というお言葉が多いですね(*'▽')

大切なあの子たちと過ごした時間がいかに幸せだったかを伺えます。

 

この世でのお姿にお別れすることはさみしいことですが、

そののちの関りを幸せなものとすることで、

愛するペットさんたちの生きてきた時間もより輝くはず。

私たちはそのお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

 

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

 

先日、友人の庭師さんから興味深いことを聞きました。

 

それは、 「家庭」 のこと。

 

家庭とは、読んで字のごとし。 「家」 と 「庭」ですね。

 

つまり、「家」を作っただけでは 足りず、 そこに「庭」がないと、

家庭は成立しない、というお話です。

 

ふむ、なるほどなーーーと感じました☆

 

逢の杜ペット霊園においては、

「家」は 合同墓

「庭」は、その周辺環境ということになるでしょうか(#^^#)

 

ごみの清掃、お花の管理、お線香の、、、、とやることは多々ありますが、

お参りにいらっしゃる皆様に気持ちよく過ごしていただければと、少しずつ手を入れております(*'▽')

 

ただし、この「庭」というもの、果たして立派な土地を確保してつくる必要があるのかというと、

そういうことでもないようです。

※ 造形物としての庭の最小単位は、 いわゆる盆栽というのかも( *´艸`)

 

つまりは、視線を置いて、音を聞いたりにおいをかいで、

「心の安らげる場所」 ということなのかなと思います。 

ただの機能性だけでは語れない、感性の場所ともいえるのではないでしょうか☆

 

 

 

 

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

 

少し時間差の写真になりますが、、、

最近では年にあっても数回となった景色です。

 

幹線道路の雪解け状況は、またこの場所とは違っていますので、

お参りにいらっしゃる方はフリーコールにご一報くだされば、

現地までの道路状況などお伝えさせていただきます。

 

しかし、こういったお天気が続くときも、

合同のお墓にはお花が絶えません。

 

たくさんの方がお参りにいらっしゃっております(#^^#)

本日も、大切にお見送りと、ご供養のお手伝いをさせていただきます。

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール 0800-123-1194

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

写真は地元の とんど ですね。

 

とんど、  私の地元のほうでもありましたが、皆さんの地元にはありましたでしょうか?

 

風習としての起源は諸説あるようですが、

いずれにせよ ”祈り” ”祈願” のためのものであり、

その年の福徳を願うためのモノのようですね。

 

”祈り”とは、形のないものです。

しかし、それを様々な形で伝えることができますし、

伝わるものだと感じております。

 

 

ご供養も祈りの一部ですが、

特にこの場合、 「この世」と「あの世」の隔たりがあるものです。

これこそまさに祈りであり、感性の世界で起こっていることですね。

 

 

大切なペットさんとのお別れに際し、

なにをしてあげられるか。 また、なにをしてあげたいか(*^^)v

 

ご家族とご一緒に、お見送りされるペットさん自身の気持ちにも添ってみましょう。

そしていちばんご家族が安心されて、最適なご供養が成せるように、お手伝いさせていただきます。

 

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール 0800-123-1194

 

 

 

 

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

寒波の到来、、、、霊園は雪化粧です。

 

ご覧の合同墓も(*'▽')

 

交通にたいへんな支障をきたす状態ではありませんが、

お参りや火葬でお越しの方は、

道路の凍結などでご不安な場合はご一報くださればと思います。

 

また、霊園の水道も、冷え込みが厳しい朝は凍って水が出ないことがございます。

ご不便おかけしますが、何卒ご容赦のほどお願いいたしますm(__)m。

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール 0800-123-1194

 

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

 

きました、この時期が!

わたしの大好きな、「梅」の花🌸 森の国墓苑に植えている梅です。

 

東広島は寒い土地なので、

この子が第一便です。

 

とっ、、、、、てもいい香り。甘く、さわやかな。

 

 

「東風吹かば、匂いおこせよ梅の花

 主なしとて春なわすれそ」

 

いやあ、素晴らしいですね。

 

逢の杜ペット霊園も、

森の国墓苑も、  風光明媚な森のロケーションにありますので、

そんな四季を感じることもここの大好きなところです。

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール 0800-123-1194

 

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

ご遺体を火葬の後のご遺骨の行き場に関しては、

何度かこちらのブログでもご紹介させていただいておりますが、

 

大きく分けて

① ご自身で埋葬 (個別のお墓も含む)

② 合同墓へご納骨

③ 納骨堂を利用 

これら3通りがあると思います。 ※ご自宅でお傍においてあげている状況は含みません。

 

ここのところ、ペットさんの個別のお墓を建てたいというご依頼を

多くいただくようになりました。

みなさま、思い思いのデザイン、大きさなどを打ち合わせさせていただいて、

オリジナルなお墓をおつくりいただけます(*'▽')

 

さて、ペットさんのご遺骨の埋葬に関してよく話題に上がることは、

 

ペットさんと人間の骨は同じ場所に入れてもよいの?

 

という疑問です。

 

最近は、「ペットさんと一緒に眠れる人間のお墓」

という商品区画も登場しておりますが、

 

本来は人間のお骨と、ペットさんのお骨は

埋葬に関して法令が違っています。

 

よって、そのあたりをクリアした上で提供されている墓地をお選びになることが大切です。

 

 

さて本日も、お施主様からご依頼いただいているお墓の文字彫刻打ち合わせです。

かわいらしいわんちゃんねこちゃんのイラストを転写して彫り込む予定(^_-)-☆

完成が楽しみですね!

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール0800-123-1194

 

 

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

 

こちらは、逢の杜ペット霊園で使用しているお棺の柄です☆

BIHARAと書いてありますね。

これまで逢の杜ペット霊園をご利用いただいた方には、

もしか「どういう意味だろう?」と疑問に思われた方もおられるかもですね。

 

こちらはもともとは、古代サンスクリット語で、

「安住」

「休息の場所」

といった、聖なる領域のことを指していたようです。

仏教的な意味合いやストーリーが深いので、

 

仏教に関連するお仕事ではよく使われるフレーズでもあります。

 

きっと、ペットさんたちの安らかな眠りをサポートしてくれることと思います(#^^#)

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール0800-123-1194

 

東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(*'▽')

ご供養やお墓参りにおいて、

「お花」 「お線香」 「お水」

は、どこでもだいたい共通に使われるアイテムですね。 ※宗旨によって差異はあり

 

これはもともと、お釈迦様がお話しされた内容によって習慣化したものです。

※お釈迦様は 「顔料」 と言っていたものが 現代での「水」に相当します。

 

さてこのなかでもとりわけ 「お花」に関してです。

なんとこの「供養花」、古くはネアンデルタール人の埋葬においても、

お花が手向けられていたという研究結果もあるそうです Σ(・ω・ノ)ノ!

 

言語すらもあったかどうか疑わしい頃から、

人間は埋葬供養をしておりましたし、お花を手向けていたのですね。

 

逢の杜ペット霊園へ火葬のご予約でいらっしゃる方々には、

お棺のなかにいれてあげる供物の準備をお伝えしております。

お花はわずかながら霊園でも準備しておりますが、

ご自身でもお持ちいただければ、お棺の中にお花を入れてあげることができます(^_-)-☆

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール0800-123-1194