東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

 

先日、広島のとある会で「ペットと人とのかかわり」という演題で

30分ほどの講演をさせていただきました。

 

その講演にあたり、

ペット霊園のこと、

ペット供養のこと、

ペット葬儀のことなどいろいろ改めて調べてみたのですが、

その中で興味深かった内容をご紹介したいと思います。

 

わんちゃん、ねこちゃんは人間に近づく(または人間が近づく)ことにより

独自の進化をし、現在の姿かたちとなっています。

 

人間との共存関係の歴史が長く、その中で愛玩(ペット)としての

役割も担い始めました。

 

つまりこれは、ワンちゃん猫ちゃんの進化には、

ダーウィンの進化論 ではなく、 ヒトの干渉によるものがあるということですね。

逆に言いますと、いまの人間の進化も、ワンちゃんや猫ちゃんあってのものと考えても、

考えすぎではないのかもしれません。

 

そうして、今や家族も越えて、

パートナーとすらなっているペットさんたち。

ここ広島でもそういった皆さんの意識は日ごとに高まってきていることを感じます。

 

※ 余談ですが、猫ちゃんは人間が飼いならしたというよりは

  自分たちにとって人間の存在が都合がよかったので、あちらから近づいてきた、

  というのが始まりのようです。(穀物の蔵には、ネズミなどが食料がいるため) 

  わんちゃんとはまた違う、猫の自由奔放で高飛車な存在感は、

  いまでも継承されているような気がしますね。

 

 

 

逢の杜ペット霊園 フリーコール 0800-123-1194

 

 

Leave a reply

required