東広島のペット火葬、逢の杜ペット霊園です(#^^#)

 

先日、友人の庭師さんから興味深いことを聞きました。

 

それは、 「家庭」 のこと。

 

家庭とは、読んで字のごとし。 「家」 と 「庭」ですね。

 

つまり、「家」を作っただけでは 足りず、 そこに「庭」がないと、

家庭は成立しない、というお話です。

 

ふむ、なるほどなーーーと感じました☆

 

逢の杜ペット霊園においては、

「家」は 合同墓

「庭」は、その周辺環境ということになるでしょうか(#^^#)

 

ごみの清掃、お花の管理、お線香の、、、、とやることは多々ありますが、

お参りにいらっしゃる皆様に気持ちよく過ごしていただければと、少しずつ手を入れております(*'▽')

 

ただし、この「庭」というもの、果たして立派な土地を確保してつくる必要があるのかというと、

そういうことでもないようです。

※ 造形物としての庭の最小単位は、 いわゆる盆栽というのかも( *´艸`)

 

つまりは、視線を置いて、音を聞いたりにおいをかいで、

「心の安らげる場所」 ということなのかなと思います。 

ただの機能性だけでは語れない、感性の場所ともいえるのではないでしょうか☆

 

 

 

 

 

Leave a reply

required